moto G8 Power レビュー 安くて使える大満足スマホ

日常

最高に使えるスマホ moto G8 Power レビュー

皆さんこんにちは。
アイフォンとの相性が合わなくてアイフォンユーザーになれなかったこすもです。

アイフォンからまたアンドロイドに戻ってきました。

こすも
こすも

やっぱりアンドロイド最高・・・

機種はモトローラの【moto g8 power】。
今ならだいたい18000円くらいかな。

こすも
こすも

【moto g8 power】
私にとって大当たりなスマホでした

スマホなんて仕事とプライベートで使えれば安くてかまわないのでね。
それじゃ moto g8 power のレビューいってみよう。

moto g8 power 大当たりのスマホ

当たり。
最初から言うけどこのスマホ【moto g8 power】は「あたり」だよ。

えいりあん
えいりあん

不満たらたらだったアイフォン使ってたせいじゃないの?

もしかしたら不満だらけのアイフォンから乗り換えたばかりなのでそう感じてるのかもしれない。

いやしかし私がアイフォンを使っていなくても【moto g8 power】は良いと感じるよ。

【moto g8】には4つの種類があるので注意。

  • moto g8
  • moto g8 power
  • moto g8 plus
  • moto g8 power Lite

違いはのちほど。私のオススメはこれから紹介する【moto g8 power】です。

モトローラってどこのメーカー?

モトローラの本社所在地は「アメリカ」です。
モトローラは1983年から翌年にかけて世界初の携帯電話を開発販売したことでも知られています。

モトローラ:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

moto g8 power スペック

moto g8 power のスペックは以下のとおり。

moto g8 power 製品仕様
プラットフォームAndroid10 (11にアップデート可)
プロセッサーQualcomm® Snapdragon™ 665
2.0GHz × 4, 1.8GHz ×4 オクタコアCPU
Adreno 610
メインメモリ4GB
内部ストレージ64GB
外部メディア規格microSD
外部メディア最大容量512GB
ディスプレイ6.36インチ、 2,300 x1,080 (フルHD+, 399ppi) IPS液晶
アウトカメラ1,600万画素(メイン、f/1.8)+200万画素(マクロ)+800万画素(広角動画118°)
+800万画素(光学ズーム)、8倍デジタルズーム、LEDフラッシュ
インカメラ1,600万画素(f/2.0、ディスプレイフラッシュ)
動画録画フルHD(30fps)、8倍デジタルズーム
サイズ高さ約158.0mm x 幅約75.9mm x 厚さ約9.6mm(最薄部)
質量約197g
バッテリー5,000mAh
充電器18W ターボパワー充電器同梱
ネットワーク4G:B1 / B2 / B3 /  B4 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B38 / B40 / B41
3G:B1 / B2 / B4 / B5 / B8 / B19(B6含む)
2G:850MHz / 900MHz / 1800MHz / 1900MHz
通信機能Wi-Fi:IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth®:Bluetooth® 5.0
NFC:未対応
テザリング:対応
SIMタイプ:nanoSIM
スロット数:2(DSDV;デュアルSIMデュアルVoLTE)、DSDVにて使用の場合、microSDは使用不可
FMラジオ対応
Motoディスプレイ近づくと通知表示:対応
親切ディスプレイ:対応
ピークディスプレイ:対応
Motoアクションカメラ起動:対応
LEDライト点灯:対応
ワンボタンナビ:未対応
片手操作切換:対応
持ち上げて着信音停止:対応
伏せて置いて無音化:対応
メディアコントロール:対応
3本指でスクリーンショット:対応
スクリーンショットエディター:対応
インタフェースUSB TYPE-C、イヤホンマイクジャック、microSDスロット
センサー指紋認証、加速度計、ジャイロスコープ、コンパス、近接センサー、環境照度センサー
主な付属品USB充電器、USBケーブル、ヘッドセット、カバー、SIM取り出しピン
価格税込30,800円 (今ならここで大安売り
発売日2020年5月4日

発売から1年以上経ってますが今でも十分すぎるスペック。
しかも安くなってるのでさらにオススメになっちゃってます。

スマホで写真を撮る人にオススメ

えいりあん
えいりあん

上の写真は付属の透明ケースが装着された状態ね

スマホでよく写真を撮る人は【moto g8 power】は良い機種です。

ウルトラワイドカメラ、メインカメラ、マクロカメラ、望遠カメラ。
この価格のスマホで4つのカメラ(クワッドカメラ)というカメラ性能って凄いでしょ。

【moto g8 power】で撮った写真をいくつかご覧ください。

えいりあん
えいりあん

容量の関係で少し画素数下げてるけど本当はもっと綺麗だよ

マクロモード

超広角のパノラマ撮影、超マクロ撮影、低光量の撮影もシャープな画像です。
さらにスポットカラー、シネマグラフ、タイムラプス動画、スローモーション動画も楽しめちゃう。

スポットカラー

スポットカラーを使って撮った写真です。
ここでは【赤・青・黄】の3色で撮ってみたけど、画面をタッチすれば何色でも反映されるよ。

デジカメとの比較

g8 power で撮った写真をコンデジと比較してみました。
比較するのにデジカメ【キヤノン:IXY 650】(価格18000円前後)を使用しました。

両方ともオート設定でシャッターを押しただけ。
肉眼でわかる違いは色鮮やかさくらい。

撮った写真をぐっと拡大してみます。

拡大してもそこまで違いが出ない。
こうなっちゃうとデジカメなんていらなくなるよね。

こすも
こすも

デジカメとスマホがほぼ同じ値段だもん。
これじゃデジカメが売れなくなるのは当然だよね。

撮った写真をでかでかとプリントアウトするわけじゃないので十分です。
これ2万円しないで買えるスマホですし。

カメラシャッター音は気にならない

私は iPhone のカメラのシャッター音に酷くストレスを感じていました。

こすも
こすも

スクショでガシャリ!スクショでガシャリ!!スクショでガシャリぃぃぃ!!!

この moto g8 power はシャッター音が消せるわけではありませんが、全く気になりません。
静かに「チシッ」というだけ。

これなら電車内でも図書館内でも大丈夫な感じです。

バッテリーが長持ちで驚いた

アイフォンから【moto g8 power】に機種変更して驚いたのはバッテリーの持ち時間

アイフォンのときはバッテリーの持ちは半日くらいでした。
みるみるバッテリーが減っていくのでモバイルバッテリーや充電ケーブルなどをいつも持ち歩いてました。

一般的に 4000mAh を超えてくると「大容量バッテリーのスマホ」と言われてきますが、moto g8 power のバッテリーは 「5,000mAh」です。

アイフォンの時と同じ使い方をしているのに【moto g8 power】は2日以上もちます。
これでモバイルバッテリーも充電ケーブルも持ち歩く必要はなくなりました。

もちろん急速充電対応なので、急速充電対応のACアダプターが付属しています。

バッテリー持ち時間
iPhone7 半日
moto g8 power 2日以上
えいりあん
えいりあん

さすが「power」と言うだけあるね

アイフォンには無いアンドロイドの良さ

アイフォンからアンドロイドに変更したことでめちゃくちゃ快適になったよ。
快適になったというか、痒い所に手が届かないアイフォンの仕様のストレスが無くなって普通に戻ったって感じ。

【moto g8 power】が超最高って思うのは、これらのストレスが一気に解決したことによる満足感もあるのでね。

しかし定価8万円もするアイフォンより2万円以下のアンドロイドのが良いなんてね。

こすも
こすも

変な話だけど私には好都合です

画面が大きい

6.4インチで画面が大きいので老眼の人でも大丈夫。

ただちょっと大きすぎる感あるかなとも思います。
胸のポケットにいれるとギュウギュウなので。

「ポケモン GO」に向いている

【moto g8 power】はコンパスやジャイロスコープが搭載されているうえ、バッテリーが大容量なので「ポケモンGO」や「ドラクエウォーク」などのゲームにも向いていますね。

こすも
こすも

大容量バッテリーって最高だ

デュアルSIM対応

SIMカードが2枚収められるので1つのスマホで2つの電話番号が使える。
仕事用とプライベート用をわけて使うこともできます。

Motoアクション・Motoディスプレイが便利

この機能がすごい便利です。

ディスプレイを見ると自動で時計や電池残量が表示されたり、スマホを振るとLEDライトが点いたり。

Motoアクション(簡単なジェスチャーでスマホを制御)
ワンボタンナビ「ナビゲーションバー」の代わりに指一本で操作できる機能
簡易ライトスマホを2回振るだけでLEDライト点灯。消すときも同様。
クイックキャプチャースマホを2回ひねるとカメラ起動。
3本指でスクリーンショット3本指を画面タッチするとスクショ。
下向きでマナーモード画面を伏せるとマナーモードが有効。
持ち上げて消音着信時に電話を持ち上げると消音。
メディアコントロール画面OFF時に音量ボタンで音楽トラックを移動。
スワイプで分割左右にスワイプして画面を分割して表示。
持ち上げてロック解除顔認証でロック解除。(moto g8 power は顔認証機能なし)

超便利ですよ。

カメラ起動も普通のスマホなら画面起動させてカメラボタン押してって感じでしょ?
Motoアクションのある moto g8 power ならスマホをヒョィっとひねるだけでカメラが起動。
一瞬でカメラ起動するのでシャッターチャンスを逃さないってわけ。

簡易ライトが点かない?手帳型ケースは注意

手帳型ケースを使う人は注意してください。
motoアクションの【簡易ライト】は手帳型ケースを閉じたままでは無反応なんですよ。

スマホ画面にセンサーがあるためです。

カバンの中などで振られて簡易ライトが点いてしまうのを防ぐためでしょう。
そのために手帳型ケースを閉じていたら反応しないようになっているんですね。

簡易ライトを点ける場合は手帳型ケースを開いてから振る必要があります。

moto g8 power 2つのデメリット

良いこと尽くめの【moto g8 power】だがデメリットもある。

ビッグサイズが故に「重い」「デカい」

まず大容量バッテリーがゆえにスマホ本体が約197gと重い。

ちょっとゴム紐の緩いパンツのポケットにスマホを入れたまま歩いてるとずり落ちてくる。
左胸ポケットにスマホを入れればシャツが左に傾く。

えいりあん
えいりあん

しょうがないね

画面が大きいのは良いんだけど、困っちゃうのはポケットに収納しずらいこと。

こすも
こすも

デカい・重い。

メリットがたくさんある機種なので、慣れてきたら「デカい・重い」のデメリットは感じなくなったけどね。

ただ女性や子供にとってみたらこのデメリットはもしかすると大きいかもしれないな。

moto g8 power ライトユーザーは大当たり機種

上の2つのデメリットを除けば「最低限使えればいい」というライトユーザーからミドルユーザーまで【moto g8 power】は当たり機種です。

写真良し。バッテリー良し。機能良し。画面良し。そして安い。

参考までに私の「スマホの使い方」はこんな感じ。

私のスマホ用途

電話、メール、LINE、ツイッター、写真撮影、文章作成、アプリで勉強、カーナビ、天気アプリ、chromeで検索、等々。

ゲームはしないんですけれど、アプリを使って星空を見たり勉強したりします。

スマホと共に生きているようなヘビーユーザーは厳しいかもしれません。
けれど私のような使い方をする人は moto g8 power は十分すぎるスマホです。

こすも
こすも

なにしろ安いので

えいりあん
えいりあん

安くても使えなきゃ意味がないからね

4種類の moto g8 でおススメは?

moto g8 は4種類用意されています。

簡単に言うと、

  • 写真撮影向けは moto g8 power
  • 動画撮影向けは moto g8 plus

を選ぶと良いと思います。
残りの2機種【moto g8】と【moto g8 power Lite】はこれから説明するけどオススメしません。

機種カンタンな特徴正規価格実質価格
moto g8 plus動画がキレイ、値段が高い31,799円約20,000円
moto g8 powerバッテリー大容量、写真がキレイ30,800円約17,000円
moto g8標準的なスペック、価格が安くない22,800円約17,000円
moto g8 power liteバッテリー大容量、安い17,800円約15,000円

実質価格は時が経てばたつほど安くなっていくので、さらに安くなってるかもしれませんね。
ココを見て確認するといいと思います。

【moto g8】と【moto g8 power Lite】は損する?

【moto g8】と【moto g8 power Lite】はオススメしません。

なぜかというと値段がそこまで変わらないのに、スペックの高い moto g8 power と moto g8 plus が買えちゃうんですわよ。

そうなると【moto g8】と【moto g8 power Lite】を買う意味がないんですわよ。

えいりあん
えいりあん

コレクションしたい人がいるかも。

こすも
こすも

・・・・そうだね。

HUAWEI・OPPO・シャオミ との比較

激安スマホで有名なのは【 HUAWEI 】や【 OPPO 】【シャオミ】といった中国メーカーなんですが、今回そこを避けました。

こすも
こすも

以前は使っていたけどね

近年、中国製のスマホメーカーに虚弱性などの悪い評判が多くて心配だからです。
まあ一個人の情報を抜き取られたからってどうってことないんですけれど。
それでも気持ち悪いのでね。

中国メーカーを避けて選ぶとモトローラが浮上したということです。

えいりあん
えいりあん

モトローラも中国レノボの子会社化されちゃってるけど?

こすも
こすも

そう。でも純血より混血のがまだいいかなって勝手に思ってる。

まとめ

とにかくアンドロイド最高。
やっぱり私にはアイフォンよりもアンドロイドが使いやすい。

そしてアンドロイドの使いやすさを満たしてくれてる安いスマホ【moto g8 power】最高。
「スマホは普通に使えればいい」ってタイプなら大満足な機種だと思います。

私。こんなんでいいんですわ。
私にとって10万円のスマホ2万円のスマホ生産性は変わらないですし。

しばらくこの【moto g8 power】でいきますよ。
良い買い物しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました