親がAndroid 子供はiPhone 制限と安心設定の仕方

教育・育児

裏ワザで親がアンドロイドで子供がアイフォン仕様

こすも
こすも

スマホ?小学生まではLINEで連絡ついて、位置情報の確認できればそれでいい

えいりあん
えいりあん

有料アプリを使ってやるの?

こすも
こすも

使うのは無料アプリ
というか特別インストールするアプリなんて無いよ

こんにちは。
ウチにあるスマホは、親2人が Androidを使っていて、子供(小学生)のスマホだけが iPhone です。
親子で違う OS を使っていますが、あえてそのようにしました。(理由は後ほど)

ただ子供にはまだスマホを自由に使わせたくないので、保護者としてしっかり iPhone の管理もしています。

ソフトバンクやドコモ、au など、各社から子供向けに安心フィルターアプリを出していますが、ウチで使うのはSIMフリー端末なので、そういったオプションを使うことが出来ません。

でも大丈夫。
格安SIM(格安スマホ)でも、親が自分で設定すれば使用制限できます。

今回は、
【親が Android を使っていて、子供だけが iPhone を使うとき】の iPhone の安心設定の仕方
を紹介します。

環境親Android 子供iPhone
対象の子供小学生
目的LINE(親のみ)とGPS居場所確認
ガッチガチな制限ですが、応用して緩めることも可能です。

iPhoneの管理 設定の仕方

アイフォンはセキュリティが高いと有名です。
しかし、そのセキュリティの高さがあだとなって、設定が非常に面倒くさい

とくに親が Android で子供が iPhone の場合。
iPhone はアップル製品に優しいけど、他には優しくないんですよ。

でも大丈夫。
これから説明する通り順番にやっていけば、安心して子供に使わせられる満足の【子供用 iPhone 】ができます。

こすも
こすも

普及率高いiPhoneなのに、Androidを含めた設定の情報がネット上に少ないよね

えいりあん
えいりあん

面倒でややこしいから誰もやらない?

こすも
こすも

子供が iPhone だと親も iPhone を使う人が多いからね

手順

必要な物は初期化された iPhone 端末と親のアンドロイド。
子供用 iPhone に使うSIMカードは「データSIM」でも「通話SIM」でも大丈夫。

子供用 iPhone 設定の手順
  1. iPhone の初期設定を済ます
  2. 不要なアプリは全てアンインストールする
  3. 必要なアプリ(LINEなど)をインストールする
  4. 子供用IDを作ってログインし直す
  5. iPhone の設定を済ます
  6. 子供に渡す

では細かくいってみましょう。

1. iPhone の初期設定

まずは iPhone の初期設定を普通に済ませます。

このとき使う Apple ID は親用です。
親である自分の Apple ID が無ければこの機会に作成しましょう。

ここでのアイフォン端末の数字6桁のパスコードは、子供も覚えられる数字にします。

iPhone はたまにパスコードを訪ねてくることがあるので、その時に子供が6ケタのパスコードを知らないと困るのでね。

アイフォン端末が Touch ID や Face ID に対応している場合は、指紋認証や顔認証も済ませます。

管理する親と、使用する子供の指紋認証や顔認証も登録しておきます。

2. 不要なアプリを全てアンインストールする

アイフォンに始めから入っているアプリ(アップル純正標準アプリ)の中で、不要なアプリをアンインストールします。

使わせないのに入れたままにしておくのは、デメリットしかないです。
片っ端から消していきましょう。(必要ならまたダウンロードすればいいだけ)

例として私がアンインストールしたアプリは以下のもの。

こすも
こすも

ほぼ全て削除したよ

削除したiPhone純正アプリ
  • ホーム
  • メモ
  • マップ
  • メール
  • カレンダー
  • 天気
  • ファイル
  • ミュージック
  • facetime
  • リマインダー
  • 計算機
  • コンパス
  • 計測
  • ボイスメモ
  • ビデオ
  • 連絡先
  • Apple Books
  • Apple Podcasts
  • 株価
  • Apple Wallet
  • 友達を探す
  • iTunes Store
  • Apple Store
  • Apple TV
  • Apple サポート
  • Pages
  • Keynote
  • Numbers
  • GarageBand
  • iMovie
  • Clips
  • Wath
  • ヒント
  • Apple TV Remote
  • Apple Developer

子供用のアイフォンとして、必ず残しておくのは「ショートカット」というアプリだけ
それから子供が iPhone を無くしたときのために「iPhoneを探す」アプリも残しておきました。

消せるアプリは全て消す。
子供用に持たせるスマホなんて、
極限までシンプルでいいんです。

計算機?コンパス?
いらないです。

計算は自分の頭で考え、
方位なんて他の知識があれば十分。

便利な道具(スマホアプリ)は子供にとって有害でしかありません。

こすも
こすも

スティーブ・ジョブズもビル・ゲイツも、自分の子供には最新テクノロジーを使わせなかった話は有名だよね

えいりあん
えいりあん

自分は使いまくりだけど?

こすも
こすも

・・・・・・・

3. 必要な App をインストールする

アイフォンに入れておきたいアプリを「App Store」を使ってダウンロードします。
例としては以下のようなアプリです。

子供用iPhoneに入れておくアプリの例
  • LINE(子供と連絡をとるため)
  • グーグルマップ(GPSで子供の居場所を確認するため)
  • Yahoo!防災速報
  • Yahoo!天気

必須アプリはLINEグーグルマップの2つ。
子供に持たせる iPhone として、この2つだけ入れておけばとりあえず間違いないです。

私はこの他に「Yahoo!防災速報」と「Yahoo!天気」を入れておきました。
突然の「雨」や「震災」から子供の身を守ってくれるかもしれないと思ったのでね。

全ての設定が済んだ後で「このアプリも入れておこう」とか「このアプリいらないから消そう」となるとちょっと大変なので、よく考えてダウンロードしておきましょう。

えいりあん
えいりあん

後でやると、少しだけ面倒だよ

必要なアプリを入れたら、アプリの起動や設定は後ほど行ってください。
まずはここまで。

4. 子供用 Apple ID でログインしなおす

iPhone の初期設定と必要なアプリのDLが済んだら、アイフォン端末からログアウトします。

【設定】から自分(親)の名前をタップしてログアウトしましょう。

そして今度は子供用の「Apple ID」でログイン
初めてだと思うので子供用に Apple ID を作りましょう。

えいりあん
えいりあん

子供専用のメールアドレスが無いなら、この機会にGmailを作っておいてね

Googleアカウント

Googleアカウントの作成はこちら

Google アカウント
Google アカウントで情報、アクティビティ、セキュリティ オプション、プライバシーの設定を確認、管理することで、Google の利便性を高めることができます

Googleアカウントも年齢規制があると面倒なので、子供のアカウントも全て親の私が管理することを目的に、18歳以上になるように生年月日を登録設定しました。

こすも
こすも

グーグルマップで子供の居場所確認するためにも、子供専用のGoogleアカウントは絶対必要だよ

Googleアカウントを元にして、子供用 Apple ID を作る時に注意してほしいことは、子供の年齢を12歳以上になるようにすることです。

LINEの利用年齢は12歳以上!!

子供用Apple IDを作るときは、年齢が12歳以上になるように生年月日を調整して下さいLINEの利用推奨年齢が12歳以上からなので、それ以下だと制限がかかってLINEを使えません。

この辺りから「iPhoneのセキュリティの高さにイラつく」ことになります。
子供のIDを作るのに親のIDが必要だったり、パスワードやらIDやら毎回入力が必要だったりするんです。

こすも
こすも

イライラしたら深呼吸。
のんびり気分でやりましょう

えいりあん
えいりあん

顔が…

アイフォン端末が Touch ID や Face ID に対応している場合は、子供の指紋認証や顔認証も済ませましょう。

これ以降は、子供用IDでiPhoneにログインしたままいきます。

5. 子供用iPhoneとして設定をする

やること多いけど、それだけセキュリティが高い子供用 iPhoneが出来上がるということで頑張りましょう。

余計な通知は全てOFF

iPhone は子供用IDでログインした状態です。

余計な通知は子供を惑わすだけなので、どんどんOFFにします。
設定を開いて行ってください。

【コントロールセンターをオフ】
設定 > コントロールセンター > OFF

【通知をオフ】
設定 > 通知 > LINE以外のほとんどをOFF

LINEはLINE電話を着信するために通知ONです。
その他に、Yahoo!防災速報など、通知してほしいアプリがあったらONにします。

グーグルマップで位置情報共有させる

ここまでで、既にグーグルマップを iPhone にインストールしてある状態だと思います。

グーグルマップを開いて子供の Googleアカウントでログインします。

現在地共有で親を許可するだけです。

自分のアイコンをタップしたら「現在地の共有」を選択。

現在地共有する時間を「自分で無効にするまで」にします。

共有する相手(親)を選択します。
ここはGoogleの連絡先に親を追加しておくと出てきます。

Googleマップで子供の位置情報を把握するため iPhone での設定もします。
後でやってもいいですが、どのみちやることになるので先に終わらせておく方がいいかな。

「位置情報」は「常に許可」を選択します。

iphone の設定 > Google Maps > 位置情報 > 常に許可

「最新の現在地を共有し続けるには、通知をオンにしてください」と出る場合は、バッジのみ許可すると良いです。その他の余計な通知はいらないのでね。

iphone の設定 > Google Maps > 通知 > 「通知を許可」して「バッジ」だけON

iPhone と Android 間では相性の問題もあって、Googleマップの現在地の共有がされないことがある」という情報もありますが、きちんと設定をすれば全く問題なく位置情報を知ることが出来ます。パソコン上でも確認できるので、そもそも Android 側のスマホ機種が iPhone と相性が悪いなんてことはありえません。

「探す」を設定しておく

子供がアイフォンを無くしてしまったときに、探し出せるように設定しておきます。

設定 > ユーザー名をタップ > 探す > iPhoneを探すをオン

こすも
こすも

Googleマップで位置情報を把握できるから、この「探す」は保険かな

スクリーンタイムで制限するとLINE通話も着信しない問題を解決

iPhone はスクリーンタイムを使って、時間や使うアプリの制限をかけることが可能です。

こすも
こすも

スクリーンタイムの設定については後ほど説明するよ

しかし困ったことに、スクリーンタイムは「制限するとアプリ自体が停止しちゃう」という不便な面があるんです。

つまり、LINEに時間制限などをかけると「LINE電話まで鳴らない」ようになってしまうわけです。

例えば「夜20時以降はスマホを使わせたくないが、親からLINE電話は着信して受けられるようにしたい」という時があると思うんですが、制限するとLINEが停止してしまって着信もしなくなっちゃう。

ママ
ママ

LINE もスマホも使わせたくないけど、LINE通話だけは着信してもらいたいわ…

パパ
パパ

「常に許可」すると子供が自由に使えちゃうね…

この問題は、LINEだけではなく、Googleマップの現在地共有も同じように停止してしまいます。

でも大丈夫。これらの問題を「ショートカット」のアプリを使って、次のように回避します。

スクリーンタイムと合わせてショートカットで子供のアイフォン管理

iPhone のスクリーンタイムで時間制限などをすると、
LINEは着信しないし、グーグルマップはオフラインになって現在地共有もされない。

これじゃ制限している時間帯の子供用アイフォンはただの箱でしょ。意味が無いでしょ。制限時間帯に子供へ連絡もつかない、どこへいるのかもわからない。そんなんじゃなんのためにアイフォン持たせてるのかわからないでしょ。

そこでショートカットのアプリを使って、これを回避します。

子供がアイフォンをいじったら、自動で親のLINEにメッセージが入る設定

子供が iPhone を使うと、親のLINEに自動でメッセージが入るように設定します。

この設定をしておけば、子供が iPhone のカメラやLINEなどのアプリを開くと、自動で親に知らせてしまうので、どれくらいスマホを使っているか、いつスマホを使っているかを瞬時に把握することができます。

LINEを例に説明します。

アイフォンを使った瞬間に自動で親に知らせる
  1. 子供が iPhone で「LINE」を起動した
  2. 親2人のスマホに自動で「LINEを起動しました」とメッセージが送信される
えいりあん
えいりあん

つまり、子供がiPhoneを使っている間は親のLINEが鳴りっぱなしってこと?

こすも
こすも

そういうこと。基本的にスマホを使ってほしくない設定だから。

アプリの「ショートカット」を開きます。

① オートメーションを選択。

② 右上にある「+」を押す。

【個人用オートメーションを作成】を選択。

少し下の方にある App を選択する。

① 「開いている」にチェックが入ってるのを確認。

② App の選択をタップ。

① LINE を選択してチェック入れる。

② 完了をタップ。

App のところに LINE が入りましたね。

これで
「LINEが開いたら…」
が設定されました。

次は「…どうするか」を設定します。

「次へ」をタップ。

えいりあん
えいりあん

親のLINEにメッセージが自動で入るようにするよ

【アクションを追加】をタップ。

① App をタップしたら

② LINE を選択する。

「メッセージを送信」を選ぶ。

① ”ここ”に入れたいメッセージを打つ。例では”LINE”とだけ入れました。

② 宛先を入れる。メッセージを送りたい相手の名前を入れる。

③ 親2人に入れたい場合は、この部分を上にスワイプ(上げる)。

宛先に「+」があるが使わない。使うとなぜか一つもメッセージを送信しなくなります。

先ほどと同じようにして、宛先だけ変更して作る。

終えたら「次へ」をタップ。

「実行の前に尋ねないようにしますか?」と聞かれるので、尋ねないを選択します。

すると以下の項目を選べるようになるので、

実行の前に尋ねる OFF
実行時に通知 OFF

にしておく。

完了を押す。

これで
「子供がLINEを起動させたら、親のスマホにLINEが入る」
を設定できました。

えいりあん
えいりあん

同じ要領で他のアプリも全てやっておくと、子供が何をしようとしたかがわかるよ

LINE 以外の他のアプリも、上と同じように設定しておけば、子供が何を起動したかがLINEに送信されてくるので全てわかります。

カメラを起動したら「cam」というLINEが入る。
天気を起動したら「Weather」というLINEが入る。
設定を起動したら「Settings」というLINEが入る。

という具合です。

以上で
【子供がスマホを使って何をしたかが、親のLINEに自動メッセージで入るようにする】
の設定は終了です。

これで、子供がスマホを何に使っているかの履歴もわかるので便利ですね。

このショートカットを作成したら、とりあえずOFFにしておいた方がいいかもしれません。じゃないと設定段階で iPhone をいじる度に自分のスマホのLINEが鳴りまくります。設定を全て済ませたら最後にONにして子供に iPhone を渡しましょう。

使わせたくないアプリをタップするとホーム画面に自動で戻る設定

それでは次に、
「特定のアプリを開くと自動でホーム画面に戻る」
を設定します。

この設定をすることで
【使ってほしくないが制限かけて停止しちゃうのも困るアプリ】
を制限かけずに問題なく使わせないようにします。

えいりあん
えいりあん

LINEとかGoogleマップは制限すると全て停止しちゃうからね

こすも
こすも

この設定でLINEは受信するし、現在地共有もされたまま、子供のスマホ使用を制限できるよ

先ほどと同じようにアプリの「ショートカット」を開いてオートメーションを選択して行います。

さっきと一緒なので途中から説明します。

App の選択場面です。

起動させたらホーム画面に戻るようにしたいアプリ、全てにチェックを入れます。

ここにチェック入れたアプリを子供が開くと、勝手にホーム画面に戻っちゃいます。

チェック入れたら「完了」をタップ。

えいりあん
えいりあん

子供からスマホを使ってほしくない場合は、LINE含めて全てにチェック入れてね

こすも
こすも

ちなみにウチは自己管理が出来てたら解除する約束。
なので全部にチェック入れて制限かけてます。
当然、文句はひとつも言われません。

次にアクションを選びます。

カテゴリの中から「スクリプティング」をタップ。

「ホーム画面へ移動」を選択する。

「実行の前に尋ねる」と「実行時に通知」の両方を OFF にして完了。

これで、使われたくない App を子供が起動させると、勝手にホーム画面に戻るようになりました。

こすも
こすも

ただホーム画面に戻るまでタイムラグあるよ。
0.2秒で戻るときもあれば3秒くらいかかるときもある。

えいりあん
えいりあん

連続でタップすると数十秒開けちゃうこともあるから完璧とはいえないね

こすも
こすも

ただLINE通知の設定も重ねてやることで、後で子供に「スマホ使い過ぎよ」と注意はできる。

このショートカットを作成したら、とりあえずOFFにしておいた方がいいかもしれません。じゃないと親である自分が iPhone をいじれなくなるのでイライラします。設定を全て済ませたら最後にONにして子供に を渡しましょう。

スクリーンタイムの設定

最後はスクリーンタイムの設定です。

こすも
こすも

iPhone同士ではないため、ファミリーリンクはここではあまり意味なし

えいりあん
えいりあん

ゴールは近い。がんばって。

スクリーンタイムのパスコードは4桁

まずは最初の設定を簡単に説明します。

「設定」を開いて「スクリーンタイム」を選択して下さい。
そして「子供用のデバイスです」を選択です。

スクリーンタイムのパスコード数字4桁を決めます。
この4桁のパスコードは、親が管理するためのパスコードなので、子供には教えないようにしましょう。

では、スクリーンタイムの細かい設定をしていきます。

休止時間の設定

この「休止時間」の設定で、iPhone のほとんどの機能を24時間ずっと制限することが出来ます。

スクリーンタイムの中から「休止時間」をタップします。

スケジュール をオン
毎日 にチェック
開始 を0:01
終了 を0:00
休止時間中にブロック をオン

本当は24時間制限させたいが、その設定がないので1分だけ制限解除時間を設けます。

ここで注意したいのは、開始時間と終了時間
これを反対にしてしまうと、ほぼ24時間使えてしまうことになるので気を付けて下さい。

App 使用時間の制限

スクリーンタイムの中から「App 使用時間の制限」をタップします。

App 使用時間の制限 をオンにしてショートカットを追加。
「1日当たり1分」として「使用制限終了時にブロック」します。

ショートカットは停止できないので、「使用時間の制限」という形でブロックさせます。

常に許可

スクリーンタイムの中から「常に許可」をタップします。

この「常に許可」に LINEGoogleマップ を加えます。

こうすることで、制限のかかったiPhoneでも、LINE受信はしてくれ、Googleマップの居場所共有もオフラインになることはありません。

この他にも「子供には使わせたくないけど停止したら困るアプリ」を許可しておきましょう。

こすも
こすも

とりあえずLINEとグーグルマップだけ許可しておけばOKです

コンテンツとプライバシーの制限

スクリーンタイムの中から「コンテンツとプライバシーの許可」をタップします。

ちょっと項目が多いですが、以下のように設定します。

コンテンツとプライバシーの制限オン
iTunes および App Store での購入インストール「許可しない」
App の削除「許可しない」
App 内課金「許可しない」
パスワードの要求「常に必要」
許可された AppSafari「オフ」
SharePlay「オフ」
カメラ「オフ」
Siri と音声入力「オフ」
ウォレット「オフ」
AirDrop「オフ」
CarPlay「オフ」
News「オフ」
ヘルスケア「オフ」
コンテンツ制限ミュージック、Podcast、News、ワークアウト「不適切な内容を含まない」
ミュージックビデオ「オフ」
ミュージックのプロフィール「オフ」
映画「許可しない」
テレビ番組「許可しない」
ブック「不適切な内容を含まない」
App「12+」
App Clip「許可しない」
Web コンテンツ「許可されたWebサイトのみ」にして追加されてるWebサイトを全て削除
不適切な言葉「許可しない」
マルチプレイヤー「許可しない」
友達を追加「許可しない」
友達とつながる「許可しない」
画面収録「許可しない」
近くのプレイヤー「許可」←選択不能
プライベートメッセージ「許可しない」
プロフィールプライバシー変更「許可しない」
アバターとニックネームの変更「許可しない」
位置情報サービス許可
連絡先許可
カレンダー許可
リマインダー許可
写真許可
自分の位置情報を共有許可
Bluetooth 共有許可
マイク許可
音声認識許可
Apple の広告許可
App からのトラッキング要求を許可許可
メディアと Apple Music許可
※これらは特にいじる必要はなしです。
パスコードの変更許可しない
アカウント変更許可しない
モバイルデータ通信の変更許可しない
大きな音を抑える許可
”運転”集中モード許可
TV プロバイダ許可しない
バックグラウンド App アクティビティ許可

無駄なインターネットをさせたくないなら、safari をオフにして制限をかけておきます。
ここまでやれば、ウイルス感染の心配が無いどころか、子供が YouTube を何時間も見ていたなんてことが無いですし、そもそも子供の iPhone の閲覧履歴を探る必要さえ無くなります。

最後の設定「ショートカット」アプリをONにする

お疲れ様です。
最後に「ショートカット」アプリを開いて、先に作っておいた設定の数々の、

【アプリ起動するとLINEメッセージが入る】
【アプリ起動すると強制的にホーム画面に戻る】

を全てオンにします。

これで全ての設定は終わり。
めっちゃ使いづらい子供用 iPhone の完成です。

動画も見れない、ネットも見れない、カメラも起動しない、どうにかLINE開いても広告見れない、何かやろうとしても勝手にホームページに戻る。

それなのに親からLINE連絡は着くし、子供の位置情報も問題なく見れる。

テストをしてみて、問題なければ子供に渡しましょう。

こすも
こすも

長かった旅もこれでようやく終わる…

子供に持たせるスマホ Android と iPhone どっちがいい?

新たに子供用スマホを買うことを考えるなら、おすすめ機種は「iPhone」です。
しかも「iphone SE(第一世代)」がおすすめ。

「iPhone SE(第一世代)」子供にとって持ち運びやすいミニサイズ
中古なら5千円くらい、見た目が綺麗なら8千円くらいで買えます。

新品 Android でも1万円ちょっとするので、それなら信頼あるアップルのアイフォンを中古で買った方がいいでしょ。

ただ、iPhone を子供に持たせるまでの設定が、ご存じのように非常に面倒くさい。

そこで、私のおすすめは Androidかなと思います。

えいりあん
えいりあん

は?

Android はアイフォンほどセキュリティが高くないとはいえ、子供がLINEを使うだけの端末なら十分なデバイスです。

えいりあん
えいりあん

いやさっき「iphoneがおすすめ」って言ってたけど?

こすも
こすも

だからどっちでも大丈夫ってこと。
条件によっていろいろ変わるので。

親が Android なら子供も Android の方が設定が楽かな。
親が Android でも設定をしっかりしてくれるなら子供は iPhone の方がいいな。
ただ親が iPhone なら子供も iPhone で問題ないな。

どちらにしても、親が子供のスマホを管理する気合いがあるかないかです。
子供のスマホをしっかり親が管理するつもりがあるなら、親が Android でも子供が iPhone でも、設定次第でしっかり管理ができます。

あとは人によってだから、子供に持たせるスマホが iPhone がいいのか Android がいいのかは、私にもわかりません。

親がAndroid なのに子供に iPhone を持たせた理由

「わが家の場合」をお話します。

親の私は iPhone より Android の方が使いやすいと思っています。
夫婦そろって Android を使っています。

なのに、なぜ子供に iPhone を持たせたか。

iPhone の方が高機能で安心で安いからです。

こすも
こすも

iPhone は高いイメージでしょ?
上でも説明したけど、もう一度細かく説明するよ。

以前まではこの方法で子供にも Android を使わせていました。

この方法でとくに問題なかったんですが、先日子供のスマホを見たらバッテリーが膨らんでいたんです。

スマホバッテリーの寿命ですね。
スマホも古いし、どうせなので新しく買い替えることにしました。

安くて軽くて小さめの Android 端末を探していたんですが、なかなか無い。

そこで思いついたのは「型落ちの iPhone はどうだろうか」ということ。

どうせ用途は LINE くらい。
それなら1万円も出さずに済む、中古の iPhone で十分だろうと思ったわけです。

携帯ショップでもヤフオクでも、人気のある iPhone なら中古が溢れています。

ウチは iPhone SE(第一世代)を約6000円で購入しました。
SE(第一世代)は一番小さい iPhone なので、子供が持ち歩きやすいからね。

えいりあん
えいりあん

新品でも中古でも、子供が落として壊すタイミングは同じだよね

こすも
こすも

iOSのサポートは終了するけどLINE使うだけなら全く問題ないしさ

ただ Android と iPhone 間で遠隔操作みたいなことは出来ないですが、iPhone 同士で出来る遠隔操作も大したことないので問題なし。

まあ家に使ってないスマホがあればそれでいいんですよ。
大事なのは、親が子供のスマホを管理する覚悟があるかないかです。

自分を管理できない大人がたくさんいるのに、子供が自分を管理できるはずもないのでね。

ほぼ無料で持てる子供用スマホ

キッズケータイや子供スマホなど、各社から色々と出てますが、機種も月額も高いんです。

ただその分、難しい設定などしなくてもいいのが便利ですけどね。

でも子供に持たせるスマホ設定を、親が自分でしちゃえばほぼ無料で子供にスマホを持たせることができます。

ちなみにわが家では、イオンモバイルのシェアプランを使って、子供に無料でスマホを持たせています。

子供は親の背中を見ている

今回ここで紹介した子供用スマホ設定は、
ハッキリ言って限界に近いくらい厳しく設定をしています。

ここまで子供のスマホを制限するなら、親もそれなりに覚悟が必要です。

まず子供の前でスマホをなるべくいじらないこと。
スマホの利便性を子供に教えないこと。

親がこれらを無視して、子供の前でスマホゲームなんてしていたら、子供だって同じようにやりたくなるのは当然。

子供にスマホのルールを設けるなら、子供が守れるように親も協力することが大事ですね。

まとめ

親が Android で子供が iPhone でも、またはその反対でも、やればしっかりスマホを保護者管理できます。

こすも
こすも

無駄にスマホをいじる時間を無くす。イタズラ防止にもなるし

えいりあん
えいりあん

リアルタイムで「使い過ぎ」を子供に注意できるのは効果あるね

自由には責任が伴います。
監視というとなんとなくイメージ悪いかもしれないですが。
子供に持たせる iPhone が安全であるように、しっかり親が管理した方が良いです。

設定が少し複雑ですが、時間をかければ必ず満足する、機能制限オリジナルの子供用 iPhone ができます。

コツはショートカットアプリをうまく使うこと。

そして最後になりますが、これが一番大事なので忘れないで下さい。

必ず「子供と話し合う事」です。
子供としっかり話合いながらスマホのルールを決めて、子供にも納得してもらうことです。

これが出来なきゃ、どんな制限をスマホに設けたって子供は突破してきます。
喧嘩の元にならないように、よく子供と話し合っておきましょう。

こすも
こすも

親が強制的にやっても、子供の反発は強くなるだけだから注意ね

我々は強制によって幸せにはなりえない。

サミュエル・テイラー・コールリッジ(詩人)

コメント

タイトルとURLをコピーしました